株のデイトレで1億を目指す記録です。

○トレードの方法は沢山ありますが、その中でデイトレを選んだのは、リスクを最小化するためです。自分のお金を市場の様々なリスクに晒す時間は、短ければ短いほど、リスクを少なくすることができます。

○トレードの手法をデイトレに限定することで、無数に存在する情報のうち必要な情報だけに集中することができます。

○トレードに最も適した時間帯は、10時までの1時間です。この間に事前に「買い」を検討したなるべく多くの銘柄に買いを入れます。

○1分足や5分足でパラボリックRSIを表示させ、トレードの参考にします。

○大型株より小型株、新興市場銘柄を中心にトレードします。

○証券会社やその他の会社のスクリーニング機能を使って、トレードの参考になりそうなランキングを投稿します。どのようなランキングがデイトレの参考になるかは、試行錯誤です。

○どんな銘柄も、タイミング次第で利益を得ることができるので、資本(資金)が無限といえるほどあればほぼ確実に勝つことができます。逆に資本が少なければ、どんなに良い情報を持っていても利益の額は限定されてきます。

○市場全体の方向性を確認するために、前日のダウやナスダック、S&P500、ドル円相場(など)を確認します。相関が強い時とそうでない時があるので、参考程度です。

○トレードの手法にはデイトレ以外に、スイングトレードや長期投資などがあります。また、投資対象には、日本株以外に米国株や米国債権(30年物などの超長期債)、為替、商品などがあり、それぞれ適切な投資方法があります。

○投資(トレード)の世界は、弱肉強食のゼロサムゲームの世界です。残念ながら、初心者が勝てる確率は低いです。勝率を高めるには、売買のエントリーポイントとイグジットポイントを明確に意識したトレードが重要です。

○株の情報サイトで掲載される良いニュースは、エントリーポイントではなくて、イグジットポイントのケースが多い。

○1分足の移動平均線の下でエントリー(買い)し、移動平均線を超えたところで利確(売り)する。